企業概要

社名
株式会社佐藤製作所
代表取締役社長
佐藤嘉高
本社所在地
〒601-8204
京都府京都市南区久世東土川町298-3
TEL. 075-933-4155
FAX. 075-933-4156
資本金
6,000万円(2018年4月現在)
設立
1956年12月
従業員数
200名(2018年4月現在)
役員
常務取締役:濱口由継
取締役:永野和則
取締役:谷本秀明
取引銀行
京都銀行西院支店、商工中金京都支店
京都中央信用金庫、三菱東京UFJ銀行西院支店、みずほ銀行京都中央支店
事業内容
搬送装置、ロボット装置、組立装置、治具類等の設計、製造及び据付、修理及び保守点検サービス、販売電気回路設計、制御設計、製造及び設置、販売ロボット制御、プログラム、ティーチング、設置及び販売、画像処理システムの開発、製造及び据付、修理及び保守点検サービス

沿革

創業期
1946年
佐藤鐵夫が左京区一乗寺“あさひ理化学研究所を設立”として設立
電気パン焼き器を考案し阪急百貨店で売り出す
自家製品(セレン整流器、レシーバー等)の製造開始
1948年
島津製作所の協力会社となる
1952年
中京区西ノ京に工場新築(現在の円町工場)
1956年
株式会社佐藤製作所に改組(資本金150万円)
成長期
分析装置の製造開始
航空機器の製造開始
車両モーターの製造開始
郵送処理機(第一世代ハガキ対応)の開発、製作開始
1970年
南区京都南工業団地内に工場設立
1972年
同新工場へ本社移転 防爆モーターの開発、製作開始エンジンバルブの設計、製作開始
1976年
家電業界に参入(テレビ用プリント基板検査装置)
1984年
サーマルプリンタの開発、量産開始
発展期
1994年
佐藤嘉高 現社長就任
1997年
EPD業界へ参入(G4ガラス搬送装置)
2000年
靴下セット装置の開発、製作開始郵送処理機(第四世代 高速封入封緘機)の開発、量産開始
2002年
第二工場稼働 電子基板検査装置の製造開始
2003年
PV業界へ参入(パネル組み立てライン) 従業員増資開始
2004年
第一工場、第三工場稼働
2005年
会社ロゴ刷新
2006年
第三工場新築、ロジテック工場稼働
2008年
二次電池業界へ参入
2010年
空調機器分野へ参入
2013年
カーエレクトロニクス分野へ参入
2014年
FA工場稼働
2015年
メビテク工場稼働