メカ設計

リーダー

メカ設計 リーダー 仕事風景

図面イメージ

仕事内容

私自身も設計はします。しかし、大きなライン設備になると、その大半がお客様とのやりとり(仕様打合せ)と設計者への指示出しになります。つまり、設計計画がメインの仕事になります。もちろん設計だけでは成り立たないので製造部門とも意見を交換しながら進めています。プロジェクトがスタートしてから御客様と仕様を作り込んでいく事が多い為、最近はとりまとめをやっていることが多いです。受注までの一般的な流れを簡単に説明すると、お引き合い→仕様打合せ→装置レイアウト作成→御見積作業→受注といった流れになります。御見積の段階である程度の構想設計はしている状態ですが、御見積提出後に関係者で集まってああでもないこうでもないと詳細な構想を詰めて、次のアクションが来た時に即対応が出来るように進めています。受注に至らないこともありますが、色々な面白いアイデアもでて実のあるディスカッションだと思います。

入社の決め手

入社の決め手

自分で構想・設計して組み立てられたものを自分の目で見て触って肌で感じられるのはものづくりの醍醐味だと思います。設計から部品の調達、組立そしてお客様への納入まで一貫して自社で行っているところは私にとっては最高の魅力でした。SATOでは設計部門でも自分で組立をしたり、全ての工程に関わる事も可能だと思います。これは中小企業ならではの魅力だと感じます。あえて悪いところをあげるなら、担当に任命されてしまえばほぼ放置です。言い方は悪いですが逆に言うと自分の思うように進められます。と言っても、もちろん完全放置では無いので安心してください。心強い先輩方がたくさんいます。間違った方向に進んでいればアドバイスも頂けますし、自分から積極的に質問していくことも必要な事です。主体性、協調性を養っていくには、ある意味良い環境なのかなと感じています。

メカ設計 リーダー 仕事風景

印象に残る仕事

入社して初めて1人で担当を任された時の話です。単体機だったのですが数トンレベルの力を加えて圧入する機械を受け持ちました。高荷重の力が発生するので部品1点1点気を使って設計し安全にもかなり気を使って設計しました。当初、担当のお客様からは新人の方で大丈夫ですか?と言われた時は涙が出るくらい悔しい思いをしましたが、その悔しさがばねとなり、納品時には無事お客様に満足いただけるものを御提供できたのではと思います。後に、他のお引き合いの話しも頂けるようになり、『またお願いしますよ』と、笑顔で言われた時はすごくうれしかったと記憶しています。その言葉が仕事のやりがいに繋がり、達成感を感じられた瞬間だったと思います。上司、仲間に認められるのもうれしいものですが、やはりお客様あってのお仕事です。 お客様からの信用を得られたと実感できた時ほど嬉しいことは無いですね。

メカ設計 リーダー 仕事風景

未来へ走り出す

今後の目標

設計に関してですが、1案件につき最低でも1つは自分のこだわりを持った設計を取り入れる事を目標にしています。過去の装置の物まねも勿論良いと思いますが、それだけでは面白みは半減します。 失敗しても良いので何か1つ面白い機構・アイデアを取り入れてチャレンジする。 お客様にとって利益となる付加価値を提供できれば、それはまた次の仕事につながるのではないでしょうか。 ”全てはお客様の為に”という事をモットーに。そして楽しんで仕事をするように日々心がけています。

メカ設計 リーダー 笑顔

フレッシュマン

学生時代

ぶっちゃけて言うと部活(サッカー)とアルバイトばかりしていましたね。(授業はちゃんとでていましたよ 笑)勉強するに越したことはないのでしょうが、その当時は特に何がやりたいわけでも無く学生生活を過ごしていました。学生時代に勉強した内容が役立つ機会が多々ある事に入社して気づき今は後悔しています。今からでも遅くありませんので勉強はしておくことをお勧めします。どうせやるなら何か目標を持って!!

応募者へのメッセージ

応募者へのメッセージ

私は中途入社ですが会社なんて入社してみないと何もわかりません。学生時代にやりたい仕事が明確な人なんてそういないと思います。私は漠然とモノづくりが好きだったので前職でも建築金物の設計をしていました。働いてみて自分の肌で感じてこそ本当に何がやりたいか見えてくるのかもしれません。私はこの年になっても未だに今の仕事が本当にやりたかった仕事なのかもわかりません。ただ、一つ言えるのは今の仕事が大好きです。そう思える会社、仕事、仲間と出会えると良いですね。

のんびり休日

オフタイム

休日はもっぱら家族とお出かけです。自分一人の時間はあまりありませんが、会社の仲間と月一でフットサルをやってます。他部署の人と、仕事以外でコミュニケーションが取れる良い機会になっていると思います。20人ほどいますが初心者の人もたくさんいます。入社された際は是非一緒に!!

同僚とフットサル

SATOにコンタクトをとる

お問い合わせはこちら