ギャップ2

人物

製造業で働く人達って「職人の集まり」ってイメージで、「見て覚えろ」ってなもんで、ちゃんと教えてもらえないんじゃないか・・・って心配なんですけど。ここで本当に友好な人間関係の元、自分を活かしてやっていけるのか!?ギャップの謎にせまる。

SATOで働く人達ってどんな人?

謎の声あんた、誰?なんでこんなとこウロついてるの。
子羊ちゃんやっぱりぶっきらぼうで堅物そうな人が出てきた!
フルパワー私はSATOんちゅの一人、なんでも全力で取り組む『フルパワー』だけど、何か?
子羊ちゃんすごい威圧感で喋ってくる!だめだ!これじゃやってけない!逃げてしまおう!
謎の声2ちょっと待った!この人は君のことが心配なだけなんだよ!
子羊ちゃん絶妙なグッドタイミングでサポートを入れる人出てきた!
コミュニケーター私もSATOんちゅの一人。人類は皆兄弟、喧嘩するとか意味が分からない、なんだって上手く調整しちゃう、その名も『コミュニケーター』だよ。

補い合う

フルパワーそう。迷ってるのかと思って話しかけただけだ。
子羊ちゃんあ、ありがとう。迷ってるっていうか悩んでたところだった。
コミュニケーターえっとつまりSATOに「堅物な人」、一般的に「自分の意見に固執していて親切にしてくれない困った人」がいて、自分がここで上手くやっていけないのではないか、と悩んでるんじゃない?
子羊ちゃんさすが!うん、ちゃんと仕事教えてもらえるのかなぁって。ほったらかしで「見て覚えろ」とか言われても困るし。
フルパワー口下手で職人気質はたくさんいるが、みんな親切だ。だいたい「見て覚えろ」なんてしてるとSATOの品質が保てない。基本的なところはマニュアルがあるし、教える。そこから上の技術は自分次第だ。
コミュニケーターフルパワーはぶっきらぼうだけど、20年以上SATOにいて技術は超一流なんだよ。SATOの品質そのものと言っても過言じゃない。
子羊ちゃんでもコミュニケーターいないと逃げてたな。補い合ってるね。

ギャップの嵐に驚愕する

[十人十色。色々あってみんな良い。]

まやかしはいいんだよ

子羊ちゃんって架空のあんた達の話なんてどうでもいいんだよ!生身の人間の話を聞きたいんだけど!
コミュニケーターま、まやかしに思えた!?ごめん!君は正直でとても良いし、真実を突き止めようという視点が素晴らしいね。でもちょっと言い方には気を付けてね。私たちは君に気持ち良くいてもらいたいだけだから。
子羊ちゃんす、すごい。褒めるのと、注意するのと、自分の伝えたいことを、誰も傷つけないようにさりげなく端的に言ってくる。
フルパワーあんた、威勢がいいのはいいけど、コミュニケーターはこう見えて繊細だからあんまキツク言わないように頼むわ。
子羊ちゃんなんて優しいんだ!ぶっきらぼうとのギャップ!
コミュニケーター生身の人間をモデルに喋ってるからあながちハズレてもないんだよ。それじゃあ極めて一部だけど実在の社員を紹介しよう。

なぜか多い、本気で〇〇する人達

コミュニケーターこの眩しい笑顔を見て。素材サイトからダウンロードしたモデルさんの写真じゃないんだよ。本当にSATOにいる人なんだ。
子羊ちゃんま、眩しい!
フルパワーこの人はがっつりエンジニアで、職種的にはインドアになりがちだが、かなり本気のスポーツマンだ。
コミュニケーターSATOには職種に関係なく、なぜかスポーツ好きの人が結構いるんだ。マラソン、トレラン、登山、サイクリング、ラグビー、フットサル、テニスとか。社員同士でサークル作ったりしてるよ。釣りやバイク、キャンプ、星空観測、バンド活動してる人や、モノ作りの会社らしく、プラモデルを製作するのが好きな人もたくさんいるね。ちなみにこの売り物級の美しい写真を撮ったのもSATOの社員。ホームページに使われてるキレイな写真は殆どがこの人が撮ったものなんだよ。

根っこはみんな優しい人ばかり

[SATOの品質=人]

老若男女、みんな揃う

コミュニケーターSATO社員の平均年齢はおおよそ40歳弱だけど、世代としては10代から70代まで万遍なくいるから、君のライフステージに似た人がきっといるはず。周りの人に何でも聞いたらいいよ。
フルパワー子育てに奮闘してる社員も男女関係なくたくさんいて、急な保育園へのお迎えなんかも協力し合って日々を乗り切ってる。
子羊ちゃん若い人ばかりでもなく、年長者ばかりでもないって、なんかいいね。将来性を感じる。
コミュニケーター若い子達が辞めずに続けられてるのは、この社員構成のバランスの良さからきてるんだ。苦手なタイプの人もいるかもしれないけど、みんな「良くしたい。良いモノ作りたい。」と心底思っている根は優しい人ばかりなんだよ。
フルパワー結局そうじゃないと、SATOの品質は保てないんだな。

突き詰める性質

コミュニケーターさらにSATOがすごいのは、仕事はもちろん趣味も「普通以上の人達」の集まりなこと。釣果60cm越えを連発する人、日本最難度「剣岳」登山する人、昔プロ野球で活躍した人…。突き詰める人が多いから、それがSATOの品質にもつながってるんだね。だからって気負うことないよ。私みたいにいわゆる「普通」でも、ベストを尽くしていれば能力に見合った評価がされる仕組みがある。上司もリーダー研修を受けていて「人の能力とはなんぞや」を理解した上で仕事を割り振りふろうとしてくれるよ。
子羊ちゃん自分が普通でもやっていけそうだな。でも京都とは言え、なんでこんな片田舎の中小企業にそんなすごい人が集まるの?
フルパワー都会より、こういうちょっと田んぼがある片田舎を好む人っているんだな。それに大企業のように転勤がない、でも「大企業なみの大きい仕事」をしたい人にはSATOは好まれる。私もそのうちの一人だ。
  
ギャップ3[環境]へ

SATOにコンタクトをとる

お問い合わせはこちら