制御・電気設計

Control System

ワイヤー
制御・電気設計とは
動画再生
※画像をクリックすると、YouTube動画「仕事の流れ」の関連箇所部分にセッティングされているので、再生ボタンをクリックしてご覧ください。音が出ます。

簡単に言うと「機械を動作させる」ための設計ということになります。機械はそのままではかっこいいオブジェに過ぎません。これに動きがあって初めて便利なツールとなるのです。よく「機械設計との違い」で悩まれる方がいらっしゃいます。「機械設計」は構造体を構築するための材料、強度、駆動等の人間でいうと「体」にあたる部分の専門知識が必要なのに対し、「制御・電気設計」は機械を動かすための「神経」や「脳」にあたる部分の専門知識が必要になってきます。外部の情報を取り込むセンサーや機械を動かすモーターの回路設計、掴む離す、動かす止める等の「制御」するためのプログラムを設計することになります。制御・電気設計では「PLC(Programmable Logic Controller)」という産業機械用コントローラー(CPU)を基幹にして設計を進めます。

上長からのメッセージ

世界の産業機械のほとんど全てがPLCで制御されています。我々は、その産業機械の設計に特化したエンジニア集団です。時には産業用ロボットを動かしたり、画像処理機器と通信したり、複数の機械同士で通信したりします。多くは「PLCと周辺機器をつなぎ合わせて統合していく設計」を行っていますが、専門的な知識も必要になります。

当社には20代~50代まで幅広い年代の設計者がおりますが、多くの方が、入社後、あるいは社会人になってから設計業務に携わって経験を積み上げています。「自分で機械を動かす」という情熱と「やり抜く」気持ちを持った方をお待ちしています。

上長メッセージ

募 集 要 項

仕事内容

産業機械のハード設計、シーケンサー(PLC)等による制御ソフト設計をお任せします。I/Oチェック、デバッグ、現地出張据付、完成図書、保守業務も発生します。

【具体的に】
検査装置、車載関連装置、工場自動化設備等の電気制御設計を担当し、エンドユーザーとの仕様決定、設計開発~テスト、現地調整までを行います。また、納入後は顧客フォローを実施し、改善提案等も行っていきます。

【業務の魅力】
年々進化していく大小様々な最先端機械の制御設計に携わることが可能です。

★OJT中心の教育体制となります。先輩社員とのバディ制ですので安心して就業いただけます。スキルアップのため、各種展示会や外部研修も適宜受講できる環境が整っています。

必要な能力・経験

 

・各種産業装置の制御設計経験
・産業用ロボット制御知識
・PLCソフト、タッチパネル画面設計
・CADによる制御盤、制御回路設計
・サーボモータ制御知識(位置決め、速度制御)

求める人物像

・モノづくりや装置作りが好きな方
 ※装置を動かすことを面白いと感じられる方
・フットワークが良く、明るくアイデアにあふれる方。

制御設計 社員 仕事風景

現場の声

SATOにコンタクトをとる

お問い合わせはこちら